投稿者「wp_sv_5417_62374」のアーカイブ

親の残した借金の理由は私かも知れない

0-13

46歳 男 会社員 妻、娘 高1、祖母

150万円 の借金

私の父親は靴職人で田舎町で小さな靴店を経営していました。私が生まれた頃はまだ靴製作の注文はあったようですが、既製品の安い靴が流通する様になり次第に注文は無くなりお客も来なくなりました。そこからは靴修理専門になりましたが、それだけではとても生活出来ません。母親がパートで働き何とか暮らしていた、と言う感じでした。自宅兼店舗は借家でしたが、とにかくボロく小さい頃から何で家はこんなに貧乏なんだろう、という思いが常にありました。そんな時父親が病に倒れますます生活が困難になりました。それから数年後、私も社会人になりさぁこれからと言った時、父親が亡くなりました。そして借金がある事を知り私が返済する事になりました。 就職した会社は給料が安く毎月の生活費と借金返済でギリギリの状態。母親は父が病に倒れてからは看護のためパートも辞めてましたが、再び自転車で通えるスーパーへ掃除婦としてパートを再開しました。それから3年ほど経ち少しでも給料の高い会社へと思い転職しました。しかしながら力仕事だったため、身体がボロボロになりました。これも借金を返済するため仕方ありませんでした。 何で自分は小さい頃からこんな苦労ばかりするのだろう、と何度も親を恨みました。職場で食事会や飲み会などが開催されても、参加する金銭的な余裕も無く淋しい空しい生活が続いていました。借金がある時は気力も無くなる、そんな感じがします。ですが今となっては幼い私を育てるための借金だったのだろうと理解出来るようになりました。

カードローンの気軽さは恐ろしい

0-2935歳の男です。200万円
オリックスのVIPカードローンで、借りました。

当時付き合っていた彼女が旅行好きで、かなりの頻度で旅行に行っていました。
最初の頃は近場で車移動が多かったのですが、そのうち新幹線、飛行機と移動距離も旅行費も増えていきました。
お金があまりないにも関わらず、つい見栄を張ってしまい、お金を借りてまで旅行に行くようになりました。

インターネットで簡単に手続きができるため、自分の口座のようにどんどん借りてしまいました。
最初は数万円単位でしたが、そのうち100000万円単位で借りるようになりました。” “お金を借り始めた最初の頃は、次の月には全額返せるだろういう気持ちで不安もなく借りていました。

そのうち、借りている金額も大きくなり、ボーナスで返していこうと考えるようになりました。
しかし、数年たっても返せるような金額ではなくなり、どうしたらいいのか、不安になりました。

オリックスのVIカードローン、親に話して、あやまり、一部返済の約束で返してもらいました。